多くの会社が従業員満足度調査を実施する理由をご紹介!

business.com

従業員満足度調査を実施することのメリット

従業員満足度調査での質問リスト

  • 従業員が今の仕事に対して満足しているか
  • 従業員が今の役職で満足しているか
  • 自社での福利厚生に不満を抱いていないか
  • 現在の仕事環境やチームに不満はないか
  • ご自身の会社に対する貢献度はどれぐらいか
  • 管理職の有益性について何か思うところはあるか
  • 自社で働いて良かったと思えるポイントはあるか

従業員満足度調査の実施フロー

従業員満足度調査を企画

従業員満足度調査を行なうことを決めたら、調査に対応してくれる会社に依頼をしましょう。そして、従業員満足度調査を依頼する場合には、調査することの目的を明確にしておくといいです。また、実施するのなら、従業員に事前に周知しておきましょう。

設問を準備する

依頼した会社とともに、調査目的が達成できるような設問を設けます。例えば、従業員の仕事に対するモチベーションや、会社に対する貢献度についての設問が望ましいです。設問は多すぎると従業員が真摯に回答しないという可能性もありますので、なるべく多くの設問は設けないようにしましょう。

社内全体で実施する

実施にあたり、社内全体で取り組むために同じ時間で集計をとることが望ましいです。そして、その後の分析が行いやすいように、各部署ごとで集計するのか、社内全体で集計するのかも考えておきましょう。また、プライベートな回答なども含まれているので、匿名にするかどうかも事前に考える必要があります。

集計データの分析

集計データをもとに、依頼した会社が分析を行ってくれます。分析結果が出れば、後日改めてレポートとして自社に提出されます。レポートには問題点・改善点などが記載されており、会社全体を巻き込んだ取り組みが必要な箇所が明確になります。

対策を行なう

従業員満足度調査はレポート提出で終了になりますが、レポートに基づき最適な対策方法や改善策から従業員の意識に対してアプローチを行いましょう。そして、対策や改善策を継続して行い、再び従業員満足度調査を依頼してよりよい会社を目指すといいです。

多くの会社が従業員満足度調査を実施する理由をご紹介!

アンケート

仕事のクオリティが向上する

従業員満足度調査を実施し、問題点や改善点を解消することで、従業員のやる気やモチベーションが高まります。そして、従業員が高いモチベーション状態を保つことで、仕事でのクオリティや生産性が自ずと向上していきます。その結果、会社での商品やサービスの品質が高まり、消費者や取引相手からの評価も良くなります。

仕事でのフローが改善される

従業員満足度調査を実施することで、多くの従業員から意見や要望を頂くことができます。そして、その意見や要望を総合的に見ることで、仕事でのフローの改善に繋がる可能性もあります。当然、仕事でのフローが改善されれば従業員の負担が減り、その工程にかかるコストも削減することができます。

離職率が低下する

自社で働いている従業員のモチベーションが向上すれば、会社への貢献意識が高まり、仕事への責任感が生まれます。そのため、離職したい、退職したいと思う方も少なくなるといったことも考えられます。離職率が低下することで自社でのビジネスに安定感が増しますし、何より熾烈な人材確保に苦戦することもありません。

会社と従業員との共有認識を作れる

同じ認識や目標を持っているからこそ、高品質の商品やサービスを提供できるというものです。このことから、従業員側と企業側で同じ認識を共有がされているということが、ビジネスのクオリティや生産性に大きく関わると言えるでしょう。従業員満足度調査では、普段従業員が認識している仕事について具体的に知れるために、会社と従業員との共有認識を作りやすいです。

広告募集中